Chrome HTTP接続サイトを安全でないサイトに

Googleは、2018年7月に公開するWebブラウザー「Google Chrome」のバージョン68より、HTTP接続されたWebサイトのアドレスバーの左端に「!」アイコンと共に「Not secure(非安全|保護されていない通信)」という文字を表示することを発表しました。

HTTP接続で読み込んだWebサイトには、途中で誰かに盗聴され、内容を改ざんされる危険があります。Googleは、HTTP接続のサイトを段階的に“安全でない”サイトとして扱う方針を明らかにし、WebサイトのHTTPS化を推進していましたが、2018年7月よりHTTPS化は必至となります。HTTP接続サイトは検索順位も下がります。

第11期パソコンインストラクター養成学校の募集締切日は2018年4月30日(月)となります。


Tag: セキュリティ