jpita 日本パソコンインストラクター養成協会
JPITAと一緒にはじめてみませんか?  IP顧問として活動する新しいパソコンインストラクターというお仕事!
トップページはじめての方へ協会の概要サイトマップお問い合わせ
パソコンのお悩み解決辞典
Wordを使う前に確認しておきたい知識 文字の入力 文字の編集
Word編 文字の装飾 文書の体裁 表の作成と編集 図とイラスト
印刷

文字を加工する
1.文字列を組み文字にする
文字を加工する
2.文字を囲い文字にする
文字を加工する
3.縦書き文書の半角英数字
を90度回転して表示する
語句の読みや意味を表示する
1.ルビ文字をつける
語句の読みや意味を表示する
2.割注を挿入する
文字のサイズを変更する
1.文字列の幅を変更する
文字のサイズを変更する
2.上付き文字にする
文字のサイズを変更する
3.文章の先頭の1文字だけを
拡大する

受講生からの質問
文字を丸で囲みたい(Word)

Word文書内の特定の文字を○や□で囲んだ文字にしたい場合は、[囲い文字]機能を使います。

※注意
囲むことができる文字は、全角で1文字、半角で2文字までです。


今回は、[囲い文字]機能を使って、文書の一行目に「答」という○で囲んだ文字列を挿入してみましょう。
操作方法は下記のとおりです。

1.囲い文字を挿入したい位置をクリックして、カーソルを表示させます。

(カーソルが表示されている位置に囲い文字が挿入されます。)

2.[書式]メニュー→[拡張書式]→[囲い文字]をクリックします。




[囲い文字]ダイアログボックスが表示されます。

3.[スタイル]項目で「文字のサイズを合わせる」を選択し、[囲い文字]項目の[文字]に表示する文字を入力します。

[囲い文字]で文字の囲む枠の形を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

※参考
挿入された囲い文字のフォントは、挿入位置のの左側の文字と同じフォントが適用されます。

文書内に挿入した囲い文字を解除する場合は、囲い文字を選択してから、2.の操作→3.の操作の[スタイル]項目で「なし」を選択します。
Copyright(C) 2004-2006 日本パソコンインストラクター養成協会(JPITA)All right Reserved.